イケアの二段ベットを女一人で組み立ててみた。実際にかかった時間と早く組み立てるポイント!

スポンサーリンク


イケアの二段ベットを女一人で組み立ててみた

ども!年子の母ちゃんすずりんご@suzuringooodです。

先日、子供の二段ベッドをイケアで購入しました。

口コミ
そして割とすぐ届いたのですが、以前どっかのブログでイケアの二段ベッドIKEA/イケア NORDDAL ノーレダール を夫婦で6時間かかってやっと完成した。

という記事をみたので、かなり身構えていた私は、じいじがいるときに一緒に組み立てをお願いしようと思っていました。

旦那は休みで家にいたけど、旦那にお願いして一緒に組み立てたとしても、絶対に途中で意見がぶつかったりでもしたら、彼は途中放棄するに違いない!とわかってます。

不器用なモラ夫にちょっと何か言えばすぐ機嫌わるくし、『お前の言い方が気にくわない』だの『だったら自分がやれ』と言ってくるのが目に見えてるから、頼りたくないわけですよ。

なので、じいじがお休みの時に二段ベッド組み立てようと思っていたんですが、

子供たちは「早く二段ベッド組み立ててよー」とうるさいったらありゃしない!

一人で二段ベッドを組み立てると決意させた息子の言葉

「早く二段ベッド組み立ててよー」コールもすごかったんですが、5歳の息子がふと言った一言に私は火がついたんですね。

「3人で力を合わせてやればできるよ!!」

この一言が私にあらゆることを想像させて、やる気スイッチが入ったんです。

日頃から私は「旦那まじムカつく!離婚したい離婚したい。」と喚いてるが、もし離婚したら全部自分てやらなきゃいけなくなる。

旦那がいなくたって、子供達がいる!『3人で力を合わせればできる!!』

子供がそう言ってるんだから、子供と私3人で力を合わせて二段ベッド組み立ててやろうじゃないか!!

離婚したら旦那はいなくなる。力仕事も私が一人でしなくてはいけないんだ!と一気にスイッチが入りました。

そして、この発言をした息子がとてもたくましく見えました。

(※実際に今はまだ離婚の具体的な予定はありません。がただいま離活中です。)

モラハラ夫の特徴と対処法!カサンドラ症候群に注意!まじで離婚したい!今後の私の計画とは!

2019.04.09

実際にIKEAの二段ベッドを女一人で組み立てしてみた

やる気スイッチの入った私は、まずAmazonプライムミュージックで音楽をエコースポットから流し、気分を上げました。

そして、まずダンボールの開封。

すずりんご
『でかっ!長っ!』

いざ、二段ベッドの組み立て開始!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

やりましたよ。二段ベッド完成しましたよ。

\じゃじゃーん/

すずりんご
女一人でイケアの二段ベッド組み立てられました!!

イケア二段ベッド。女一人で組み立てにかかった時間

夕方16時から始めて、終わったのが19時半頃でした。

イケアの二段ベッドを女一人で組み立てにかかった時間は

トータルで3時間半

ということになります。

一人で組み立てた割には早くない?

思ったより全然早く完成しました。

私もここまで大きな家具を組み立てしたことはありません。

でも3時間半で完成させたのには訳がありました。

イケア家具を組み立てる時のコツ

これまでにイケアの家具をいくつか組み立ててきたことがあります。

しかし、毎回苦戦していた覚えがあるのですが、今回は自分で言うのもなんですが意外と簡単にできました。

自分なりに今回変えたポイントがあって、それはまず最初にたくさんあるパーツを同じパーツごとに袋に入れて分けておきました。

それをあらかじめ最初にしておいたことによって、パーツを大量の中から探さずに済み、大幅に時間の短縮になったんです。

イケア家具を組み立てる時のポイント
  1. まず部品はパーツごとに袋訳け分ける(パーツ品番も袋に記入すると尚わかりやすくて良い)
  2. 床が傷つかないように保護する(梱包に使用されていたダンボールでもいい)
  3. 電動ドライバーを使用する

イケアの家具を組み立てる時に、かなりの数のパーツを使います。形は一緒なのに長さが違うパーツとか、一見同じに見えて違うパーツがあります。

組み立てながら、必要パーツを探すのは効率がとても悪いです。我が家のTV台、PCデスク、タンスは全てイケアなので、経験から言えることなのです。

イケアの家具を簡単に早く組み立てたいならば、まず一番最初にパーツわけです。

最後に一つ・・・

みなさままず、謝らせてください。すみません。

途中からお気づきかと思いますが、タイトルでは女一人と書いてますが、実際は子供達にも支えてもらったりしました。

正確には怒号飛ばせて子供たちににもスパルタ指導で、手伝ってもらっていました。

「ここ持っててー!」

「違う!もっと上にあげてー!」

「ここ支えててー!手を離すなー!」

ガミガミ母さんになってたかも(笑)

親も子供に成長させてもらっている

5歳と6歳なのに、凄いよ。途中で機嫌を損ねて途中で投げ出すであろう旦那より全然頼りになる!

ありがとう!君たちのおかげで二段ベッドを組み立てられたと言っても過言ではありません。

そして、最初に『3人で力を合わせればできるよ!』と言ってくれた息子よ。

本当に、3人で力を合わせたらできたね。私は今回子供たちに勇気をもらいました。

君たちえらい!

そして、そんなえらい君たちを育てた私はもっとえらい!笑。

今回は自己肯定感高めで〆させていただきます。

では!

 

スポンサーリンク